レンタル料が無料!?おすすめウォーターサーバー徹底比較

「ウォーターサーバーのレンタル料が無料ってどういうこと?」
「レンタル料が無料のウォーターサーバーってあるの?」

ウォーターサーバーには、お水の利用料以外にも電気代やサーバーレンタル料などの費用がかかります。ウォーターサーバーは毎月費用が発生するものなので、できるだけリーズナブルに利用したいですよね。

多くのウォーターサーバーのなかにはサーバーレンタル料が無料で、毎月の費用はお水代のみというサーバーがあります。

この記事では、サーバーレンタル料が無料のウォーターサーバーについての注意点やおすすめウォーターサーバーをご紹介します。

ぜひチェックして下さいね!

レンタル料無料のウォーターサーバーは多い

ウォーターサーバーレンタル料を無料に設定しているウォーターサーバーは数多く存在します。ウォーターサーバーには入会金や解約金などその時のみ必要となる費用の他に、サーバーレンタル料・お水代・配送料・メンテナンス費用・電気代といったランニングコストが発生します。

毎月発生する費用はできるだけ安く済ませたいという方が多いでしょう。

ウォーターサーバーの月額コストを大きく左右するのは、ウォーターボトル料(お水代)とサーバーレンタル料です。ウォーターボトル料はお水を消費すればするほど増加していきます。そのため、1本の料金はできるだけ安価なサーバーを選択することが月額コストを減少させることに繋がります。

また、サーバーレンタル料もコストを左右するポイントです。サーバーレンタル料の目安は500~2,000円程度ですが、前述したように無料に設定しているサーバーもあります。

ウォーターサーバーは基本的に長く使い続ける家電なので、積み重ねで考えていくと無料と有料では大きな差がありますね。

コスト面以外の点も意識しながら選択することが重要ですが、可能であればサーバーレンタル料が無料のものをチョイスすることがおすすめです。

条件設定を確認しよう

ここで注意しておきたいのが、サーバーレンタル料の「条件」です。

ウォーターサーバーのレンタル料は無料と記載されていても、条件が設定されているケースも多いため注意しておきましょう。

例えば、「1か月でウォーターボトルを2本注文した方のみサーバーレンタル料無料」「初月のサーバーレンタル料は無料だが、翌月以降は1か月に12ℓボトルの注文が必要(なければ有料)」などの条件設定がある場合には注意が必要です。

このような条件設定は、HPの下部に小さく記載されていることがありますので、ページをよく読んでおくことをおすすめします。

レンタル料以外のコストに要注意

前述したように、ウォーターサーバーにかかる費用はレンタル料だけではありません。「レンタル料が無料=安い」というわけではないことに注意しておきましょう。

レンタル料が無料でも、ウォーターボトル料が高ければ結局お得かどうか分からなくなってしまいますよね。月額コストなどを把握したうえで、どの程度の出費になるのかシュミレーションしておくことがおすすめです。

月額コスト内訳

項目概要目安
ウォーターサーバーレンタル料レンタルにかかる費用
購入の場合は不要
※無料のケースが多い
無料~2,000円
ウォーターボトル料お水の料金
天然水やRO水によって異なる
1,000円(5ℓ)~5,000円(48ℓ)
配送料お水の配送料
無料のケースも多いが
離島や北海道は基本的に有料
無料~1,000円
サポート料サーバーメンテナンスや
修理費など
月の積み立てをするケースも多い
無料~1,000円

月額コストは以上の通りです。特に注意しておきたいのが、お水の配送ノルマです。「月にウォーターボトルを何本以上注文しなければ手数料が発生する」といったようなノルマを設けているサーバーも数多く存在します。

ノルマによっては損をしてしまうケースもあるので、事前に確認しておきましょう。

ウォーターサーバーの価格に関して、詳しくは以下の記事をご覧ください。

その他の費用

項目内容価格目安
初期費用契約時の事務手数料のこと。
一般的には無料のメーカーが多いが、
一部必要なケースもある。
0~5,000円
解約料解約時の手数料。
契約時に設定されている一定期間よりも早く
解約する場合に発生する。
0~30,000円
配送休止手数料お水の配送を休止する際に必要な手数料。
スキップする場合にも無料回数が設定され、
その回数を超える場合に発生するケースもある。
0~3,000円

その他の費用として必要になるのは、入会金や解約金・配送休止手数料です。特に1年~2年以内での解約を検討されている方は解約金が発生するケースが多いため注意が必要です。

ただし、他社ウォーターサーバーに乗り換える場合は解約金をキャッシュバックしてもらうことができる場合もあります。

乗り換え特典に関しては以下の記事でも詳しく解説しています。

【比較】レンタル料無料のウォーターサーバー3選

ここからは、レンタル料が無料のウォーターサーバー3選をご紹介します。

各ウォーターサーバーに関しては、以下の点に注目しながら比較していきます。

  • ランニングコスト
  • レンタル料の条件
  • お水のノルマ

低コストで利用可能なウォーターサーバーをチェックしていきましょう!

コスモウォーター|smartプラス

引用:コスモウォーター
サーバーレンタル料無料
レンタル料の条件なし
ウォーターボトル料1,900円
ノルマ月2本(24ℓ)
配送料/メンテナンス料無料/不要
電気代約474円~
月額費用(目安)4,274円~

コスモウォーターは、サーバーのクリーン機能搭載でメンテナンス料が不要、レンタル料が無料なので毎月の電気代とお水代のみで利用可能です。

お水はマイz付24ℓがノルマなので、2人暮らしにちょうどいい設定となっています。初期費用も無料ですが、ライトウッドカラーのみ初期費用がかかるため注意が必要です。

プレミアムウォーター|スリムサーバーⅢ

引用:プレミアムウォーター
サーバーレンタル料無料
レンタル料の条件なし
ウォーターボトル料3,974円~
(12ℓ×2本で1セット)
ノルマなし
配送料/メンテナンス料無料/不要
電気代通常使用時:約630円
エコモード使用時:約500円
月額費用(目安)約4,474円~

プレミアムウォーターのスリムサーバーⅢはその名の通りスリムでシンプルなウォーターサーバーです。プレミアムウォーターでは美味しい天然水12ℓ×2本で1セットとなっており、ノルマは設定されていません。

配送スキップも可能なので自由に利用することが可能です。エコモード搭載で電気代にも優しい設計なんですよ!

サントリー天然水ウォーターサーバー

引用:サントリー天然水
サーバーレンタル料無料
レンタル料の条件なし
ウォーターボトル料1,350円/パック(7.8ℓ)
(1セット3パック)
ノルマ直近2ヶ月で購入がなければ
事務手数料:月額1,000円/台
配送料/メンテナンス料無料/不要
電気代約700円~
月額費用(目安)4,750円~

大手メーカーであるサントリー天然水のウォーターサーバーです。必要な費用は毎月の電気代とお水代のみとなっています。

ウォーターサーバー自体においしさキーパーというクリーン機能が搭載されているのでメンテナンスも不要です。サントリーの美味しい天然水をお得に利用することができます。

レンタル料無料サーバーでコストを削減!

レンタル料が無料であれば、毎月のコストが抑えられることが多いです。ウォーターサーバーを利用する際は、トータルコストを踏まえたうえで、サーバーレンタル料が無料のものを選択することをおすすめします!

できるだけお得に、美味しいお水を利用しましょう。

おすすめウォーターサーバーや低コストのウォーターサーバーについても、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

おすすめのウォーターサーバーの比較サイトはこちら。

ウォーターサーバー比較Lab

 

最新情報をチェックしよう!