ウォーターサーバーは乗り換えがお得?各社の乗り換え特典を徹底比較!

「ウォーターサーバーって乗り換えするとお得なの?」
「ウォーターサーバーを乗り換えたいけど、どこがいいんだろう?」

ウォーターサーバーには「乗り換え割」や「乗り換え特典」が用意されている場合が多く、お得に乗り換えができるケースもあります。

乗り換えを検討している方は、各ウォーターサーバーの乗り換え特典をチェックしておくと良いでしょう。

気の記事では、ウォーターサーバーの乗り換えがお得な理由や、各社の乗り換え特典を解説していきます。ぜひ、チェックしてくださいね!

ウォーターサーバーは乗り換えがお得!

前述したように、ウォーターサーバーは乗り換えがお得です。乗り換え特典や乗り換え割引、キャンペーンなどを上手く利用することで、お得にウォーターサーバーを乗り換えることができます。

ですが、ウォーターサーバーをの乗り換えには注意すべき点もあります。特典がお得だから乗り換える!と決めてしまうのではなく、長い目でウォーターサーバーを選択することが重要です。

乗り換えの「理由」を明確にしよう

ウォーターサーバーを乗り換える際に注意しておきたいのが、乗り換える理由です。乗り換えを検討している方は、ただ何となくではなく、なにか理由があって乗り換えようとしているケースが多いでしょう。

理由を明確にしておくことで、ご家庭に合ったウォーターサーバーに乗り換えることが可能です。

乗り換え特典目当てでの乗り換えはあまりお勧めしません。その理由は後ほど解説していきます。ここでは、乗り換え理由に応じたウォーターサーバーの選択方法を見ていきましょう。

月額料金

月額料金を 安くしたいという思いから乗り換えを検討する方は多いでしょう。実際に利用してみると予想以上に費用がかかったという経験がある方もいるのではないでしょうか。

月額料金で乗り換えを検討する場合、まずは現ウォーターサーバーの月額料金内訳を確認しておきましょう。

  • サーバーレンタル料
  • 配送料
  • ウォーターボトル料
  • サポート費用
  • 電気代

特に月額料金を左右するのは、サーバーレンタル料とウォーターボトル料です。サーバーレンタル料が無料と記載されていても、お水のノルマで費用がかかってしまうケースもあります。

乗り換えを検討する場合は、サーバーレンタル料・ウォーターボトル料の費用とノルマの有無を確認しておきましょう。また、電気代もウォーターサーバーによっては500円以上の差が生じる場合もあります。

省エネ機能の搭載などを確認しておくことがおすすめです。

ウォーターサーバーの価格に関しては以下の記事でも詳しく解説しています。

使い勝手

使い勝手の面でウォーターサーバーの乗り換えを検討する方もいるでしょう。

使い勝手に関しては以下の項目を確認したうえで、乗り換え先を検討することがおすすめです。

  • ウォーターボトルの重さ
  • ウォーターボトルの設置場所
  • ウォーターボトルのタイプ(ワンウェイ・リターナブル)
  • ウォーターサーバーの設計や搭載機能
  • メンテナンスやセルフケアの有無

ウォーターボトルの設置はかなり労力を必要とするので、できるだけ使い勝手を良くしたいと考える方も多いのではないでしょうか。ウォーターボトル設置場所はサーバー上部やサーバー下部などメーカーによって異なります。

また、卓上型か床上型かによっても使い勝手が異なりますね。

更に、省エネ設計やエコモードなどの他にチャイルドロックや静音設計などの機能も重要な視点です。定期メンテナンスの有無や、自身でのメンテナンス(お手入れ)が必要かどうかも確認しておくと良いでしょう。

ウォーターサーバーの機能などは、以下の記事でも詳しく解説しています。

インテリア性

ウォーターサーバーのインテリア性を意識して乗り換えを検討する方もいるでしょう。従来のウォーターサーバーは白いデザインに水色ウォーターボトルが設置されたイメージが強いかもしれませんが、近年デザインにこだわったウォーターサーバーも多数展開されています。

お部屋にこだわり始めたのでウォーターサーバーもオシャレにしたい!という方は、デザイン性を意識して乗り換えてみるのもいいかもしれません。

しかし、インテリア性だけではなく前述したようなコストや機能性も意識しておくと良いでしょう。

ウォーターサーバーのインテリア性に関しては以下の記事でも詳しく解説しています。

現ウォーターサーバーの解約金に要注意

ウォーターサーバーの乗り換えで注意しておきたいのが、現ウォーターサーバーの解約金です。

ウォーターサーバーの乗り換え特典で解約金をキャッシュバックするといった内容のサービスもありますが、金額によっては損をするケースもあります。

現ウォーターサーバーの解約金はかかるのか、いくら必要なのかを確認しておきましょう。場合によっては1~3万円程かかるケースもありますので注意が必要です。

乗り換え特典が欲しいから!と安易に乗り換えをしてしまうと、大きな損失に繋がるケースもあるので、解約金は確認または問合せしておきましょう。

【10社比較】ウォーターサーバーの乗り換え特典

ここからは、ウォーターサーバーメーカー10社の乗り換え特典をご紹介します。参考までに、どのような乗り換え特典があるのかをチェックしてくださいね。

メーカー乗り換え特典条件
プレミアムウォーター最大16,500円(税込)
キャッシュバック
・新規契約
・乗り換えにかかる解約金(違約金)のみ
フレシャス最大16,500円(税込)
キャッシュバック
・新規契約
・乗り換えにかかる解約金(違約金)のみ
クリクラ総額7920円
プレゼント
(クオカード5000円・クリクラボトル2本)
・新規契約
・乗り換え時
アクアクララなし
ワンウェイウォーターなし
コスモウォーターもれなく現金5,000円
キャッシュバック
・新規契約
・乗り換え時
アルピナウォーター10,000円キャッシュバック
初回12ℓボトル×4本
プレゼント
・新規契約
・乗り換え時
・WEB申込
うるのん最大16,500円(税込)
キャッシュバック
or
ウォーターボトル
3,796円分無料
・新規契約
・乗り換えにかかる解約金(違約金)のみ
サントリー天然水天然水ボックス(7.8ℓ)×2箱

JCBギフトカード8,000円分
プレゼント
・新規契約
・乗り換え時
マーキュロップ最大10,000円
キャッシュバック
・新規契約
・乗り換えにかかる解約金(違約金)のみ
※こちらの記載内容は2021年2月現在の内容です。

ウォーターサーバーメーカーによってキャッシュバックや特典内容は様々です。ウォーターサーバーの性能や乗り換え条件と併せて確認しておきましょう。

また、キャッシュバックや特典がない場合もありますので、事前に確認しておくことがベターです。

乗り換え特典を上手に利用しよう

ウォーターサーバーの乗り換えを検討している場合は、乗り換え特典を上手に使ってお得に乗り換えましょう。

乗り換え先を検討する際は、乗り換える理由を明確に現ウォーターサーバーと他社ウォーターサーバーを比較することが重要です。

長く使い続けることができるウォーターサーバーを探しましょう。また、現ウォーターサーバーの違約金には注意が必要です。

損をしないように、乗り換え先を吟味してみてくださいね!

最新情報をチェックしよう!