【比較】ウォーターサーバーの価格は?価格構成要素を詳しく解説!

「ウォーターサーバーの価格ってどう決まっているの?」
「かかくの安いウォーターサーバーってどうなの?」

ウォーターサーバーを選択する際、価格を意識する方が多いのではないでしょうか。ウォーターサーバーは長く使い続けるものなので、価格はできるだけ安い方がいいですよね。

この記事では、価格の安いウォーターサーバーを徹底比較していきます。

価格を構成する内容や、注意すべき点も解説しているので、ぜひチェックしてみて下さいね。

ウォーターサーバーの価格はどう決まる?

そもそもウォーターサーバーの価格はどう決まっているのか気になりますよね。

まずは、ウォーターサーバーの価格に影響する因子をチェックしていきましょう。

ランニングコスト

ランニングコストとは毎月必要となる費用です。継続的な出費なのでランニングコストが高くなってしまうと、経済的に苦しくなってしまうことも想定されます。

ランニングコストを以下の表からチェックしていきましょう。

項目概要目安
ウォーターサーバーレンタル料レンタルにかかる費用
購入の場合は不要
※無料のケースが多い
無料~2,000円
ウォーターボトル料お水の料金
天然水やRO水によって異なる
1,000円(5ℓ)~5,000円(48ℓ)
配送料お水の配送料
無料のケースも多いが
離島や北海道は基本的に有料
無料~1,000円
サポート料サーバーメンテナンスや
修理費など
月の積み立てをするケースも多い
無料~1,000円

入会金/解約金/休止手数料

ランニングコスト以外にも、入会金や解約金などが必要になるケースがあります。特に、解約金は決まった年数以内での解約で必要になるケースがほとんどですので、事前に確認しておくことが重要です。

入会金は無料の場合や、キャッシュバックキャンペーンなどを行っている場合も多いのでその点もチェックしておきましょう。

項目概要目安
入会金入会時の手数料無料~5,000円
解約金解約時の手数料
規定期間内の解約時に必要な場合が多い
無料~30,000円
休止
手数料
お水の配送を休止する際の手数料無料~5,000円

電気代

ウォーターサーバーはコンセントを繋ぐことで、温水や冷水を利用できるようになります。

電気代もランニングコストのうちに含まれますが、ウォーターサーバー選択の際は見落としがちな項目です。

最近では、省エネサーバーなども数多く用意されているので毎月どの程度の電気代が必要になるのかを事前にリサーチしておくと良いでしょう。

見落としがちな「ノルマ」に要注意

特に注意しておきたいのが、毎月のお水注文ノルマです。

ウォーターサーバーメーカーによって異なりますが、ノルマを設けている場合も多いので事前の確認が必要となります。

例えば、以下のような記載をしっかりと確認しておきましょう。

  • ウォーターサーバー代無料(毎月ボトル2本以上注文の場合のみ)
  • 毎月のウォーターボトル最低注文数は2本からです。

毎月絶対に2本注文が必要というようなノルマ設定をしている場合や、一定数の注文がなければウォーターサーバーのレンタル料が必要になるケースが多いです。

また、休止手数料が高く設定されているケースも多いので注意が必要です。

「低価格」以外の要素も要チェック

ウォーターサーバーを選択する場合、どうしても「低価格」という面に意識が向きがちですが、その他にも重視したいポイントがあります。

例えば、ウォーターサーバーの衛生管理や安全性、サイズや使い勝手の良さなどもウォーターサーバーを長く使用していく上で注目したいポイントです。

もちろん価格は重要ですが、使いにくいとストレスが溜まりすぐに解約…ということにも繋がってしまいます。

使い勝手や衛生管理などもチェックしておくと良いでしょう。

チェックしておきたい項目は以下の点です。

ウォーターサーバーのチェックポイント
  • お水の品質管理
  • ウォーターサーバーの衛生管理/メンテナンスの有無
  • お水の種類(天然水/RO水)
  • 安全性(チャイルドロックなど)
  • お水の設置場所(サーバー上部/下部)
  • ボトルの処理(回収型/使い捨て型)
  • ウォーターサーバーのデザイン

また、安いウォーターサーバーやお水の種類に関しては、以下の記事でも詳しく解説しています。

低価格ウォーターサーバーを徹底比較

ここからは低価格で利用できるコスパ最強のウォーターサーバーを比較していきます!お水の料金は分かりやすいように24ℓ換算での計算も記載しているのでチェックしておきましょう!

※月額料金の目安を記載していますが、24ℓ(2人暮らし目安)の料金から計算しています。

ワンウェイウォーター|smart

引用:ワンウェイウォーター
月額料金目安4,750円~
ウォーターボトル料(24ℓ)2,500~3,800円
(1本12ℓ:1,250~1,900円)
ノルマ・プラスプレミアム(RO水):月3本~
・天然水:月2本~
サーバーレンタル料無料
配送料無料
サポート料無料(不要)
電気代1,000円前後
入会金/解約金/休止手数料無料/5,000円/記載なし
※全て税別価格です

ワンウェイウォーターは、プラスプレミアム(RO水)の価格が非常に安く、またサーバーレンタル料も不要なのでコストパフォーマンスは良好です。

入会金もなく契約時に必要な料金も少ないので、とても人気の高いウォーターサーバーとなっています。

アルピナウォーター|スタンダードサーバー

月額料金目安4,622円~
ウォーターボトル料(24ℓ)2,100円
(1本12ℓ:1,050円)
ノルマ12ℓ×3本~
サーバーレンタル料572円/月
配送料無料
サポート料無料
電気代1,000円前後
入会金/解約金/休止手数料記載なし/5,000円~/記載なし
※全て税別価格です

アルピナウォーターは関東近郊での利用が可能なウォーターサーバーです。お水のお値段が非常に安価で、配送料も無料であることから人気が高いウォーターサーバーです。

メンテナンスは4年に1回無料は行っているため、衛生管理も安心です。

関東近郊に在住の方は、ぜひチェックしてみて下さい!

クリクラ|省エネサーバー

引用:クリクラ
月額料金目安4,136円~
ウォーターボトル料(24ℓ)2,920円
ノルマなし
サーバーレンタル料無料
※3ヵ月で6本未満の場合1,100円
配送料無料
サポート料460円/月
電気代756円目安
入会金/解約金/休止手数料7,700円/無料/記載なし
※全て税込み価格です

クリクラの省エネサーバーは電気代をお安くできるウォーターサーバーです。

お水も比較的低価格ですが、初回のみ入会金が必要となりますので注意が必要です。

ランニングコストは低価格で利用することができるので、長く使い続ける方はぜひチェックしてみて下さい。

信濃湧水|スタンダードサーバー

引用:信濃湧水
月額料金目安4,158円~
ウォーターボトル料(24ℓ)3,158円
(1本11.4ℓ:1,500円)
ノルマなし
サーバーレンタル料無料
※3ヵ月で4本未満の場合800円/台
配送料無料
※北海道・四国・九州は別途配送料459円/箱
サポート料無料
電気代記載なし(1,000円目安)
入会金/解約金/休止手数料無料/記載なし/記載なし
※全て税別価格です

信濃湧水は美味しい天然水を飲むことのできるウォーターサーバーです。

月額料金はかなり安いですが、配送エリアによっては配送料が発生することがあるため注意が必要です。

サポート料も無料なので衛生管理は安心です!

コスパ重視でウォーターサーバーを選ぼう

ウォーターサーバーは毎月のコストが重要となってきます。

長く使い続けていくためにも価格を総合的に判断して、素敵なウォーターサーバーを選択しましょう。

価格以外にも使い勝手の面なども確認しておくと、長く使い続けることができますよ!

最新情報をチェックしよう!